www.eleaqosqo2012.org

前方不注意が問題になる

ちょっとした用事があったので、友人と待ち合わせをしていたのです。しばらくして友人が到着したのですが、その時に「交通事故に遭った」と言っていました。
もっと調べたい方はこちら交通事故 弁護士を参考にしてください。

 

どのような状況だったのか聞いてみたら、交差点を渡っているときに、左折して曲がってきた車が体にぶつかったとのこと。アザができるほど豪快にぶつかったわけではなく、ブレーキを踏みながら近づいてきて体が触れたということなのです。

 

見ても何ともない状況だったので、警察を呼んでの事故処理などはやっていないとのことでした。そのドライバーは60歳は超えているであろう老人だったということなので、あまり細かいことは追求しなかったとのことです。詳しい情報は交通事故 治療です。

 

 

恐らく、その老人も自分の前方不注意を悔やんでいると思うのです。運転できなくなる年齢には早いのでまだまだ大丈夫だと思っていたはずですが、人をひいて大けがをさせてしまいそうだったのですから大変な事です。今後も同じような事がおきる可能性は、十分にあると思います。